天秤、比較

大学病院が民間病院と違うのは、診療の役割だけでなく、医師の教育や最新医療の研究などの役割も担っていることです。
診療については、大学病院では先端医療を提供できることが特徴で様々な診療科目を設けているため、あらゆる患者に対して迅速且つベストな対応ができることが特徴です。

そんな大学病院で働くことが本当に幸せな事なのか?
大学病院勤務の肩書は本当に必要なのか?
大学病院と民間病院どちらで働くことがあなたにとって幸せなのか。

この記事で一度自分自身の考えを見直してみてください。

大学病院と民間病院の比較

教育環境

教育施設としての役割を担う大学病院では、職員を対象とした研修制度も充実しています。
キャリアアップを目指す人にとっては大変魅力的な環境です。

民間病院でも勉強会は開催されますが大学病院ほどではありません。
院外の勉強会に参加する事の方が多くなりますので、移動が多くなってしまうデメリットがあります。

給料

医師の場合、講師、准教授、教授などの肩書きによって年収が大きく異なる大学病院は、総合的に見て総合病院よりも年収が少ないと言われています。

大学病院以外の民間病院ならば、大体時給3000~4000円、もしくはそれ以上もらえるところが多いですが、大学病院の場合、時給2000円以下のことが多いです。

大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか?
専門医を狙う若い医師が多いので平均的に安く見えるのと、研究のために低賃金で我慢している医師が多くいる事が考えられます。

設備

一般の総合病院では確定診断が難しかった患者さんを検査する装置や、高度な術式に対応可能な手術室が、大学病院には整備されています。
最近では、質・量ともに十分な設備が整った総合病院も増えつつありますが、常に最先端の医療を発信する大学病院の設備は最も進んでいると言えます。

福利厚生

基本的に大学病院の方が福利厚生はしっかりしています。
院内保育所の完備や産休・育休も取りやすいです。

民間病院は病院によって福利厚生はピンキリです。
大学病院クラスの福利厚生を備えた民間病院もありますし、全然充実していない病院もあります。
転職の際はこの見極めが大事になってきます。

大学病院と民間病院向いているのは?

大学病院から一般病院へ転職して実現できることは「幅広い医療に携われること」や、「医療で地域社会へ貢献できること」などです。大学病院に勤めていて、「専門医療よりも実践医療に精通した医師をめざしたい」と感じているなら、一般病院への転職で希望が実現できる可能性があるでしょう。もし、現職の大学病院から転職しても、引き続き専門医療にかかわっていきたいと考えているなら、一般病院よりは同じ大学病院への転職が向いているはずです。

注意すべき点ですが、もし大学病院から一般病院に転職すると、設備や医療の先進性のレベルにはギャップを感じる可能性があります。大学病院は先端医療に積極的なため、設備などもつねに最新の状態に更新されているのですが、一般病院ではそうはいかないことがあるからです。

大学病院が向いている医師

  • 専門性の高い医師を目指したい
  • 先進医療など様々な知識を学びたい
  • 医師としての土台を作りたい
  • 特定疾病や難病の看護をしたい

大学病院で働くことのメリットは、最新の医療施設と医療技術という環境の中で仕事ができることです。
日々最新医療に触れながら知識とスキルの習得を目指す医師にとっては、非常に恵まれた環境と言えます。

また大学病院はあらゆる診療科目があり、さまざまな症状を抱えた患者に対応できる環境も整っています。
臨床研究の機関もあるため、研究に興味関心の高い医師にとっては成長につながる環境となりますね。

民間病院が向いている医師

  • 幅広くいろいろな状況に対応できる医師を目指したい
  • 実践力を身に付けたい
  • 地域医療に取り組みたい
  • 家庭と仕事の両立をしたい
  • 患者さんとの結びつきを大切にしたい
  • 大学病院である程度の知識・技術を身に付けた人

民間病院の大きなメリットといえば、やはり大学病院と比べて小規模で地域密着型であるため患者との関係性を深めやすいということです。
医師と患者との信頼関係やコミュニケーションは、地域密着型の病院ではとても重要な役割となります。
また大学病院ではそれぞれの診療科が設けられているため専門医が在中していることが当たり前ですが、民間病院の場合はそうではないため幅広い症状の患者と向き合うことができます。

おすすめの転職サイト

民間医局

・日本全国の求人が豊富
・女性医師の成約数がずば抜けて多い
・スポットバイトの求人も取り扱っている
・同じエージェントがずっと担当してくれる医師賠償責任保険も提供している点もオススメポイント!
医師向けのセミナーを開催するなど転職以外のサービスも展開している転職サイトです。

民間医局のメリット

  • 顔見知りのエージェントが対応
  • 女性医師の成約が多い
  • スポットバイトの求人も豊富

顔見知りのエージェントが対応

民間医局のエージェントは必ず一度先生に会ってからご希望を伺ってくれます。
少し面倒のように思う先生もいるかもしれませんが、顔見知りのエージェントのほうがいろいろと頼みやすいと評判なんです。
先生からの変更希望、もしくは会社内での異動がない限り、ずっと一人の担当が対応してくれるので、信頼できる人に相談や交渉の手伝いをしてもらうのは凄く嬉しい&ありがたいですね。

 

女性医師の成約数が多い

妊娠・出産や育児を経て、再び医師として復帰したいと考える女性も多くいると思いますが、今現在、日本では女性医師がまだまだ働きにくい環境が問題視されています。

民間医局はそんな女性医師に親身に寄り添い、日数・時短勤務から社会保険の適用まで、労働条件を整えることで多くの問題を解決しているんです!
実績として、女性医師の成約件数は全成約数の20%を占めています。

スポットバイトの求人も豊富

便利にスポットバイトができるのもメリットの1つです。

医学生や研修医、本格的な復職がまだ難しい女性医師であっても、民間医局に履歴書を登録していれば、それだけで気になるスポットバイトの応募ができるんです!
難しいやり取りは一切ありません。
契約手続きもメールで完了するので非常にありがたいですね。
スポットバイトをして今より収入を上げたい人は登録必須です。

民間医局のデメリット

  • 受付時間が短い
  • 場所によっては求人が少ない
  • ほとんどが非公開求人

受付時間が短い

民間医局の電話受付時間は9時~18時(平日)となっております。
!?
平日のみ!?

普段忙しいドクターからは「電話が出来ない」「受付時間が短い」という口コミも見受けられます。

急ぎの用事がある場合は時間を見つけて電話をするか、メールでやり取りを行うしかないので、日中忙しいドクターは注意が必要です。

場所によっては求人が少ない

東京・千葉・大宮・横浜・札幌・仙台・高崎・金沢・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・高松・福岡・熊本・那覇の17か所に拠点がありますが。

大都市に比べ地方は求人が少ないのがデメリットとして挙げられます。
ただ、このデメリットに関しては皆さん共通認識なのではないでしょうか?

少ない中で、良い求人をエージェントの方が紹介してくれるので当たりは多い可能性も高くなります。

ほとんどが非公開求人

民間医局が保有している求人の約80%が非公開求人となっています。

非公開求人は会員登録しなければ紹介してもらえないので、まずは会員になる必要があります。

公開案件は数が少なく、非公開求人の方が優良案件ですから気になったら早めに無料登録しましょう。

現在はコロナウイルスの影響でスポットバイトの需要が高まっています。
少しでも気になったら早目に登録しないと人気のスポットバイト求人や好条件求人がどんどん無くなっていきます。

JMC

・高収入求人を多く扱っている
・適正年収を診断してくれるので転職の基準になる
・業界経験豊富なエージェントが対応してくれる
・他社にはないユニークな求人が探せる
アルバイトを探している研修医や勤務医の先生には、希望に添ったアルバイトを紹介してくれます。
転職を考えている勤務医の先生には、希望に合った求人がすぐに見つからない場合でも独自のネットワークにより、粘り強く探し出して希望に添った勤務先を紹介してくれます。

JMCのメリット

  • 非公開求人が多い
  • 適正年収を診断
  • ベテランエージェントが対応

非公開求人が多い

JMCは医師に特化した転職サイトです。
『JMC』が抱える求人の8割が非公開求人ということもあり、医師に人気がある求人を狙って開拓しているのが特徴です。
他では手に入れられない優良案件と出会えるチャンスもありますが、そのような求人は回転が早いため、獲得してもすぐに無くなります。
事前に登録しているドクター方に優先的に情報を配信しているので、早めの登録をオススメします。

適正年収を診断してくれる

皆さんは自分の適正年収をご存知ですか?

JMCはドクターの経験と、数千件の求人データを元に、ドクターの適正年収調べてくれます。
そのうえで、あなたの希望する条件の求人を紹介してくれるので、満足すること間違いなし!

データ以上の年収アップ交渉も得意としているので、収入を上げたい医師はエージェントに相談すれば医療機関と交渉してくれます。
今より年収が上がるのは最高に嬉しいですよね!

ベテランエージェントが対応

JMCのエージェントは業界経験豊富なベテラン揃いなのが特徴です。
医療機関とのコネクションも強く、求人票からは得ることができない医療機関固有の情報も持っているんです。

登録後は、エージェントが転職に関するヒアリングを行います。
希望や状況、今後のキャリア、転職に関する不安など何でも相談しちゃいましょう!
現状を整理し、キャリアプランの方向性を決めていくことで、自分を改めて見つめなおすことが出来ます。その結果、効率よく転職活動を進めていくことが可能となります。

JMCのデメリット

  • 地方求人は少な目
  • 実務経験が無いと厳しい

地方の求人は少ない

JMCの拠点は東京と名古屋の2か所しかないので、地方の求人は他の転職サイトに比べて少ない印象です。

都心の求人なら他のサイトより多く、8割が高収入求人等の非公開求人なので満足できる転職は間違いなくできますが、地方で転職しようと考えている医師は他の転職サイトの登録をオススメします。

実務経験が無いと厳しい

ほとんどの医療機関は即戦力を求めているので、実務経験が殆ど無い医師は転職も難しくなります。

産休や育休などブランクがあるだけなら、求人を紹介してもらえますが、実務経験がまったく無いと、紹介できる求人がほとんど無くなってしまいます。

ある程度経験を積んでから登録するか、直ぐにでも転職したい場合は他の転職サイトに登録するようにしましょう!

MedPeer

・業界最大級、常時6万件以上の求人数
・医師の3人に1人が参加する医師専門SNSサイト【MedPeer】が運営する求人サイト。
・大手の転職・アルバイトサイトの求人情報をまとめて掲載しており、6万件以上の求人情報をまとめて検索・応募が可能。(常勤約6万件、非常勤 約2万件)
求人掲載数6万件以上は業界内でも最も多く、また、市区町村単位での検索など、検索機能も充実しています。
”お探しの求人が必ず見つかる”サイトになっています!

MedPeerキャリアのメリット

  • キャリアを活かした転職が可能
  • 一括エントリーサービスが魅力的
  • 求人が探しやすい

キャリアを活かした転職が可能

MedPeerキャリアは専門性の高い医師の要望にも応えることが出来る求人を多く取り扱っています。
勤務形態も職種も診療科目もかなりの範囲を網羅しているので、各種病院だけでなくクリニックや企業からの求人も見つけ出すことができます。

十分なキャリアを持ったベテラン医師でも妥協せずに転職先を見つけることが可能なので妥協したくない医師は登録必須です。

一括エントリーサービスが魅力的

一括エントリーサービスによって、提携している転職サイトに一括して登録してキャリアコンサルティングからのサポートを受けられるようになります。

自分で登録先のサイトを選ぶことができるので、勝手に自分の興味のないサイトに登録させられてしまうということはないので安心ですね。

求人が探しやすい

MedPeerキャリアは求人情報を提供するコミュニティサイトなので、求人の探しやすさが魅力的です。

常勤求人、産業医として非常勤で働くための求人、週4日で働ける常勤求人などのように細かなこだわりに応えられる求人を簡単に検索することができます。

細かな条件で求人が探せるので、今よりも年収を上げる事が実現しやすくなるんです。

MedPeerキャリアのデメリット

  • 求人の情報量が少ない
  • 一括エントリーサービスがデメリットに感じる事もある

求人の情報量が少ない

公開されている求人について記載されている情報が少な目なのがネックな部分になります。

給与や募集科目、勤務時間や勤務日についての情報はありますが、勤務先もあまり明確になっていないものが大半になっています。
特に福利厚生などの待遇面に関しては詳しく確認することができないので自分で確認の問い合わせをしないといけないので、そこがめんどくさいと感じる方も一定数いると思われます。

一括エントリーサービスがデメリットに感じる事もある

メリットでも紹介した一括エントリーサービスですが、複数のエージェントに一括で登録できる点は嬉しいメリットでもありますが、複数のコンサルタントから求人案内や連絡が届くため、日中忙しい医師からしたら対応に追われて逆にデメリットに感じる事もあるかもしれません。

まとめ:見栄よりも働きたい方に勤めよう

民間病院と大学病院の仕事内容の大きな違いは、大学病院には診察だけでなく研究や医師の教育という仕事もあるという点です。 民間病院の場合は日々患者を診察することが主な仕事で、会議などはあるものの大学病院のように頻繁にあるわけではありません。
大学病院と民間病院どちらで働くかによって抱える仕事の多さ、得られる経験は確実に変わってきます。

自分自身のスキルや理想とする働き方などと照らし合わせながら検討する方が良いでしょう。
またそれぞれの医療機関で人間関係だけでなく医療環境も大きく変わってきますので、スキルやキャリアアップの意味も込めて両方の現場を経験することも一つの選択肢でしょう。

医師転職サイトランキング
【JMC】日本メディカルコネクション
医師の求人に特化した転職サイト
・高収入求人を多く扱っている
・適正年収を診断してくれるので転職の基準になる
・業界経験豊富なエージェントが対応してくれる
・他社にはないユニークな求人が探せる
JMCは一度限りの紹介業務に終わるのではなく、長いつきあいを通じて先生のキャリアプランをサポートしてくれます。今後COVID19のような事が起きて収入が安定しなくなった時に助けになってくれるでしょう。
また、アルバイトを探している研修医や勤務医の先生には、希望に添ったアルバイトを紹介してくれます。
転職を考えている勤務医の先生には、希望に合った求人がすぐに見つからない場合でも独自のネットワークにより、粘り強く探し出して希望に添った勤務先を紹介してくれます。
民間医局
全国各地の好条件&非公開求人が豊富
・日本全国の求人が豊富
・女性医師の成約数がずば抜けて多い
・スポットバイトの求人も取り扱っている
・同じエージェントがずっと担当してくれる
全国に17拠点を展開しているので、全国各地の好条件&非公開案件が豊富。
医学生や研修医、本格的な復職がまだ難しい女性医師であっても、民間医局に履歴書を登録していれば、それだけで気になるスポットバイトの応募できるのは嬉しいですよね。
常勤、非常勤アルバイトでも専任のエージェントがサポートしてくれるので、忙しくても代わりに医療機関への交渉を行ってくれる。
医師賠償責任保険も提供している点もオススメポイント!
医師向けのセミナーを開催するなど転職以外のサービスも展開している転職サイトです。
m3キャリア
日本最大級の医療従事者専用サイト
・言わずと知れた大手転職サイト
・コンサルタントは全員が医療経営士の資格取得
・役職付き求人や高収入求人が豊富
・医師の90%が登録
業界大手グループが運営で医師のほとんどが利用していること間違いなしのサイト。
多くの医療機関から信頼されているので、多くの非公開求人を集める事が可能で好条件求人が豊富!
さらに、コンサルタントが全員医療経営士の資格を持っているため質が高く、経営的視点・知識を持って医療機関と交渉を行うことが出来るんです!
医師限定の掲示板も有り、今の現状を共有しましょう!
MedPeerキャリア
ここがポイント!
業界最大級、常時6万件以上の求人数
・医師の3人に1人が参加する医師専門SNSサイト【MedPeer】が運営する求人サイト。
・大手の転職・アルバイトサイトの求人情報をまとめて掲載しており、6万件以上の求人情報をまとめて検索・応募が可能。(常勤約6万件、非常勤 約2万件)
求人掲載数6万件以上は業界内でも最も多く、また、市区町村単位での検索など、検索機能も充実しています。
”お探しの求人が必ず見つかる”サイトになっています!
レスポンシブデザインを採用し、幅広い世代の医師にとって親しみやすく使いやすいサイトの為、シンプルで分かり易いデザインになっております。
おすすめの記事