麻酔科の医師が登録すべき転職サイトを紹介!常勤・非常勤の求人数も公開

こんにちは。

本日は麻酔科医が登録すべき転職サイトを求人数が多い順に紹介していきたいと思います。

普段激務な麻酔科医は求人を探して日程調整して面接までを自分で行うのは物凄くキツイと思います。
そこで医師転職サイトにはまず複数登録することをおすすめします。

数ある転職サイトにはそれぞれメリット・デメリットがあり自分に合う合わないがあるので不要なところから関係を切っていくことを推奨しています。

MedPeerキャリア

求人数
常勤 ・・・約1400件
非常勤・・・約100件
※記載時の公開求人数です
Medpeerは、”集合知により医療を再発明する”をビジョンにかかげ、2004年に創業
・医師の3人に1人が参加する医師専門SNSサイト【MedPeer】が運営する求人サイト。
・大手の転職・アルバイトサイトの求人情報をまとめて掲載しており、
6万件以上の求人情報をまとめて検索・応募が可能。(常勤約5万件、非常勤 約1万件)

MedPeerキャリアのメリット

  • 一括エントリーサービスが便利
  • 細かな条件で検索可能
  • ベテラン医師にもおすすめ

一括エントリーサービスが便利

MedPeerキャリアは基本的には求人情報を提供するだけのサイトですが、一括エントリーサービスによって、提携している転職サイトに一括して登録してキャリアコンサルティングからのサポートを受けられるようになります。

自分で登録先のサイトを選ぶことができるので、勝手に自分の興味のないサイトに登録させられてしまうということはないので安心ですね。

細かな条件で求人検索できる

MedPeerキャリアでは細かな条件で求人のを検索することが出来ます。

常勤の求人、非常勤求人、週4日で働ける求人など、細かなこだわりに応えられる求人を簡単に検索することができます。
5万件を超える求人から探し出すことが可能なため、自分にピッタリ求人に出会いやすくなっています。

転職にこだわりがある医師は登録して損はありません。

ベテラン医師にもおすすめ

専門性を生かせるような求人の取り扱いが充実しているのも特徴の一つです。
勤務形態も職種も診療科目もかなりの範囲を網羅しているので、各種病院だけでなくクリニックや企業からの求人も見つけ出すことができます。

十分なキャリアを持ったベテラン医師でも妥協せずに転職先を見つけることが可能なので妥協したくない医師は登録必須です。

MedPeerキャリアのデメリット

  • 一括エントリーサービスにりすくもあり
  • 求人の情報量が少ない

一括エントリーサービスにリスクもあり

メリットでも紹介した一括エントリーサービスにはリスクもあります。
複数のエージェントに登録できる点はメリットでもありますが、複数のコンサルタントから求人案内や連絡が届くため、日中忙しい医師からしたら対応に追われて逆にデメリットに感じる事もあるかもしれません。

求人の情報量が少ない

MedPeerキャリアに掲載されている求人は情報が限定的であり、給与や科目、勤務時間や勤務日についての情報はありますが、勤務先もあまり明確になっていないものがほとんどです。

また、福利厚生などの各種待遇については一切記載されていない求人が多いため、詳しく知りたいときには自分で問い合わせをしなければなりません。

細かな条件等にこだわりがある方は、詳細な求人内容のチェックが不可欠となります。
詳しい情報が欲しい医師には物足りなさを感じてしまうかもしれません。

民間医局

求人数
常勤・・約950件
非常勤・・約350件
スポットバイト・・約600件
※記載時の公開求人数です
・1997年創業の、医師キャリアコンサルティングのパイオニア。
東証一部上場のクリーク・アンド・リバーグループです。
・全国に16拠点を展開しており、全国各地の好条件&非公開案件が豊富です。
・常勤転職に限らず、非常勤アルバイトでも専任のエージェントがサポートします。
・個人でも団体割引料金で加入できる「医師賠償責任保険」を提供しています。(業界最安値水準)
・その他、医師向けのセミナーを開催するなど転職以外のサービスも展開しています。

民間医局のメリット

  • 地方にも強い
  • 女性医師の成約実績
  • 交渉力に自信あり

地方にも強い

民間医局は全国に17支店(北海道・東北・上信越・北関東・東京・南関東・名古屋・京都・大阪・神戸・中国・四国・九州・南九州・沖縄)があるので日本全国の求人を網羅しています。
保有求人数も記載時の時点で公開されている麻酔科医の常勤求人約950件、非常勤約350件、スポット約600件となっています。

多くの転職サイトは都心や大都市の求人は多く扱っていますが地方の求人はそこまで多くないので、地方で転職を考えている麻酔科医は登録必須です。

女性医師の成約実績

妊娠・出産や育児を経て、再び医師として復帰したいと考える女性も多くいます。

民間医局は出産後の職場復帰など、家庭と仕事の両立の手助けの依頼を多く承っており、全成約数の20%を占めています。
日数・時短勤務から社会保険の適用まで、労働条件を整えることで多くの問題を解決できています。
ベビーシッターサービスとの連携による復職支援なども完備しています。

女性のエージェントもいて女性の気持ちを察することが出来て相談もしやすいですし、年収アップも自分の時間確保も可能な転職もできるので嬉しい事ばかりです!

交渉力に自信あり

医療機関との交渉を代わりに行ってくれるというのも、民間医局に登録するメリットであり、口コミでも多くの良い評価を得ています。

民間医局を利用すれば医療機関との条件交渉や面接の日程調整など、あらゆるプロセスを担当のエージェントが代行してくれるので、日中忙しくて中々転職活動ができないという医師から高い評判を得ています。
民間医局を利用した9割の医師が交渉力に満足していると回答しているほどなのです。

民間医局のデメリット

  • 初回のヒアリングが長い
  • 受付が平日のみ
  • 8割が非公開求人

初回のヒアリングが長い

登録後のヒアリングに時間が取られるというのも、民間医局のデメリットのひとつです。
民間医局は登録を行うと、必ず担当のエージェントが初回時に時間をかけて希望する条件の聞き取りを行ってくれます。

これを親切丁寧なサポートが受けられると感じる方もいれば、「ただでさえ忙しいのに時間が取られる」とうざったいと捉える人も一定数存在します。

受付が平日のみ

電話受付時間は平日の9時~18時までとなっています。

日中忙しい医師からしてみれば、サイトに載っていない求人の疑問点や緊急を要する問い合わせをするのに平日の9時~18時だと厳しいですよね。

最近争いの激しいスポットバイトに関する事なら尚更だと思います。

他の転職サービスに比べて民間医局はこのような点で、少々使い勝手が良くない印象と言えます。
他の医師向けアルバイト求人サイトでは、問い合わせの24時間受付を実施しているケースもあります。
それと比較すると、平日の9時~18時での電話対応しかしていない民間医局の最大のデメリットと言えるかもしれません。

8割が非公開求人

民間医局が保有している求人は約80%が非公開求人となっています。

良い条件の求人は登録しないと確認することが出来ないので、会員登録をせずにサービスを利用したいという医師からするとデメリットでしかありません。

マイナビドクター

求人数
常勤 ・・約270件(非公開940件)
非常勤・・約110件(非公開390件)
※記載時の公開求人数です
医療系人材及び企業の人材紹介を手掛けるマイナビが運営する医師限定の転職エージェントです。
■全国各地の幅広い先生方を対応
一都三県の求人件数に関しては業界トップクラスを誇っておりますが、全国各地に支店があることから、全国対応。
■一人ひとりの先生の要望に応えます
先生専任のキャリアパートナーがご登録時~求人の提案~ご入職のアフターフォローまで一貫して担当。
■産業医などの企業求人も充実しています
マイナビは40年以上にわたり、「マイナビ」「マイナビ転職」をはじめとした、
企業への採用支援を行っており、圧倒的な企業へのパイプを有しています

 

マイナビドクターのメリット

  • 大手だから安心
  • 非常勤の求人が多い
  • サポートが手厚い

大手だから安心

マイナビドクターは就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビの医師専門の人材紹介サービスです。
「マイナビ看護師」「マイナビ薬剤師」「マイナビコメディカル」「マイナビ介護士」など、医療業界での採用・転職支援に豊富な実績を有しています。
日本でも一握りの人材紹介会社しか取得できない「職業紹介優良事業者」として、公式に認定されていますので、安全面は保証されています。

大手だからこそのノウハウを駆使したサポートを受けられるので、初めての転職で登録するサイトに迷っているなら、安心と実績のマイナビに登録することをオススメします。

非常勤求人が多い

最近増えてきているフリーランス医師にとってはありがたい非常勤求人がマイナビDOCTORは群を抜いて多いんです!

スポットバイトを探している医師や常勤で働いているけれど、非常勤で働いて今以上に収入を増やしたい医師や、産休・育休明けでプライベートを大事にしながら働きたい方などのワークライフバランスを重視したい医師は登録必須です。

サポートが手厚い

マイナビDOCTORでは医師の立場をよく理解してサポートをしてくれるのもメリットです。

医師は日中忙しく、勤務時間もあまり安定していないことをわきまえています。

医師をしていて働きながらの転職も行えるように面談では希望の場所に来てくれたり、面接の日程調整、給与の条件交渉なども行ってくれます。

マイナビドクターのデメリット

  • 地方の求人が少ない
  • 丁寧さがストレスに感じる事もある

地方の求人が少ない

マイナビドクターは日本全国対応の転職サイトではありますが、求人数には地域差が出てしまいます。
場所によっては求人0という県もあります。

拠点のある地域の求人は、豊富で多くの条件の中から選ぶことができますが、地方によってはあまり求人が少なく、希望する条件に合う求人が無いということもあります。

丁寧さがストレスに感じる事もある

マイナビドクターは丁寧で手厚いサポートが売りの転職エージェントです。

そのため、転職を早く行いたい、スムーズに転職したいと考える人にとっては細かなところまで配慮をしてくれるのが、おせっかいでストレスになるという人もいます。

特に転職が二回目以降になると大きなお世話だと感じてしまう人もいるので、気をつけなければなりません。

急ぎの転職を考えているのであれば担当コンサルタントにその旨を伝えるようにしましょう。

アネナビ!

求人数
常勤・・約290件
非常勤・・約60件
スポットバイト・・約80件
※記載時の公開求人数です
アネナビ!は殆どが非公開求人になります。
医師会員28万人、日本の医師の9割以上が登録するm3.comにおいて、【アネナビ!】は麻酔科医を専門としたお仕事紹介。
・アネナビ限定の非公開求人が豊富
・麻酔科医専門のコンサルタントが対応
・「年収の向上」希望医師のうち、88.7%が年収アップに成功(エムスリーキャリア2015年実績)
・「年収の向上」希望医師は、転職で年収の20%アップを実現(エムスリーキャリア2015年実績)

 

アネナビのメリット

  • 麻酔科医専用のコンサルタントが対応
  • 勤務先の情報が充実
  • 最速で勤務確定

麻酔科医専用のコンサルタントが対応

アネナビ!には麻酔科医専門のコンサルタントのみが在籍しているので、麻酔科の先生が必要としている条件を汲み取り、医療機関との交渉にあたることが可能になります。
また、初めての転職で給料の相場等がわからない先生にも、経験に応じた適切な情報を伝えてくれます。

勤務先の情報が充実

初めてでの勤務先でも先生がベストパフォーマンスを発揮できるように、器材薬剤に関する情報、オペ室の画像、実際の勤務者レビュ―を掲載してくれているのは非常にありがたいですね。

全ての求人に全ての情報が付いているわけではありませんが、徐々に増えていっているので転職先のオペ室のイメージが出来るのが麻酔科医としては非常にデカいメリットだと思います。

最速で勤務確定

アネナビ!では年間7000件の非常勤・スポットバイト求人を扱っています。
応募後、最短15分(緊急案件の場合は5分)で勤務確定させることが出来るんです!
スピーディに勤務可否が分かるので、スケジュールが立てやすくなるのはありがたいですね。

アネナビのデメリット

  • ほとんどが非公開求人
  • 場所によっては求人が少ない

ほとんどが非公開求人

アネナビでは90%近くの求人が非公開求人となっています。

非公開求人は会員登録しなければ紹介してもらえないので、まずは会員になる必要があります。

公開案件は数が少なく、非公開求人の方が優良案件ですから気になったら早めに無料登録しましょう。

現在はコロナウイルスの影響でスポットバイトの需要が高まっています。
少しでも気になったら早目に登録しないと人気のスポットバイト求人や好条件求人がどんどん無くなっていきます。

場所によっては求人が少ない

大都市に比べ地方は求人が少ないのがデメリットとして挙げられます。
ただ、麻酔科医の求人自体が内科などに比べると少ないので仕方が内科とは思いますが、少ない中で、良い求人をエージェントの方が紹介してくれるので、好条件求人は多い可能性も高くなります。

麻酔科医が登録すべきサイト

麻酔科医が登録すべきサイト

4つ紹介しましたが、自分にピッタリなサイトは見つかったでしょうか?

保有求人の多さも大切ですが、転職に対する条件・期間・場所によって合うサイト、合わないサイトが必ずあるので自分の条件と相性の良いサイトに登録することをおすすめします。

また、転職サイトによって扱う求人や条件が違うのでサイトは複数登録しましょう。

1社だけだと自分の条件に合った案件も限られてきて、転職の幅が狭くなってしまうデメリットがあります。
転職サイトは5分もあれば登録できるので空いた時間を活用して登録してみてください。

収入が不安定な状況で業務に取り組んでも、不安を抱えたり気が散ってしまったりして医療事故を起こす可能性も高くなってしまいます。

転職サイトで高案件求人を持っているだけで心に余裕を持つこともできるので、選択肢を増やす意味でも活用してみてください。

医師転職サイトランキング
【JMC】日本メディカルコネクション
医師の求人に特化した転職サイト
・高収入求人を多く扱っている
・適正年収を診断してくれるので転職の基準になる
・業界経験豊富なエージェントが対応してくれる
・他社にはないユニークな求人が探せる
JMCは一度限りの紹介業務に終わるのではなく、長いつきあいを通じて先生のキャリアプランをサポートしてくれます。今後COVID19のような事が起きて収入が安定しなくなった時に助けになってくれるでしょう。
また、アルバイトを探している研修医や勤務医の先生には、希望に添ったアルバイトを紹介してくれます。
転職を考えている勤務医の先生には、希望に合った求人がすぐに見つからない場合でも独自のネットワークにより、粘り強く探し出して希望に添った勤務先を紹介してくれます。
民間医局
全国各地の好条件&非公開求人が豊富
・日本全国の求人が豊富
・女性医師の成約数がずば抜けて多い
・スポットバイトの求人も取り扱っている
・同じエージェントがずっと担当してくれる
全国に17拠点を展開しているので、全国各地の好条件&非公開案件が豊富。
医学生や研修医、本格的な復職がまだ難しい女性医師であっても、民間医局に履歴書を登録していれば、それだけで気になるスポットバイトの応募できるのは嬉しいですよね。
常勤、非常勤アルバイトでも専任のエージェントがサポートしてくれるので、忙しくても代わりに医療機関への交渉を行ってくれる。
医師賠償責任保険も提供している点もオススメポイント!
医師向けのセミナーを開催するなど転職以外のサービスも展開している転職サイトです。
m3キャリア
日本最大級の医療従事者専用サイト
・言わずと知れた大手転職サイト
・コンサルタントは全員が医療経営士の資格取得
・役職付き求人や高収入求人が豊富
・医師の90%が登録
業界大手グループが運営で医師のほとんどが利用していること間違いなしのサイト。
多くの医療機関から信頼されているので、多くの非公開求人を集める事が可能で好条件求人が豊富!
さらに、コンサルタントが全員医療経営士の資格を持っているため質が高く、経営的視点・知識を持って医療機関と交渉を行うことが出来るんです!
医師限定の掲示板も有り、今の現状を共有しましょう!
MedPeerキャリア
ここがポイント!
業界最大級、常時6万件以上の求人数
・医師の3人に1人が参加する医師専門SNSサイト【MedPeer】が運営する求人サイト。
・大手の転職・アルバイトサイトの求人情報をまとめて掲載しており、6万件以上の求人情報をまとめて検索・応募が可能。(常勤約6万件、非常勤 約2万件)
求人掲載数6万件以上は業界内でも最も多く、また、市区町村単位での検索など、検索機能も充実しています。
”お探しの求人が必ず見つかる”サイトになっています!
レスポンシブデザインを採用し、幅広い世代の医師にとって親しみやすく使いやすいサイトの為、シンプルで分かり易いデザインになっております。
おすすめの記事